商品検索

期間限定 ただいまセール中

  • メディア掲載事例
  • 大麦工房のテレビCM放映
  • 体ににおいしく大麦げんきレシピ
  • 大麦の絵本[大麦は地球を救う]
  • 大麦を楽しく学べる。大麦探検島
  • 対談 池上幸江博士×浅沼誠司
  • 当社の大麦は全て安全性確認済み
  • カロリー・アレルギー成分表
  • おおむぎ通信
グローバルサイン認証サイト

代表者が伝えたいこと

ふと目にした麦畑が、大きな転機に。
足利市から東京に行く時、東武伊勢崎線に乗ります。福居駅を過ぎることから5月~6月頃には一面の麦畑。調べてみると日本一の大麦の生産地。大麦でお菓子ができないだろうか?大麦ってなに?どうやって食べるの?日本全国の大麦の加工を調べ、そして、大麦を焙煎して粉にした「麦こがし」に出会いました。
「麦こがし」との闘い、そして大麦ダクワーズの誕生。
そして「麦こがし」を使ったお菓子の試作が始まりました。カステラ、マドレーヌ、ブルトンヌ・・・あらゆる基本配合を試していったところ、ダクワーズ生地がとても相性が良く「これはいけるぞ!」と思いました。メレンゲ生地なので大麦の香ばしさを邪魔しない、かつ一口目で大麦が生きる食感、口溶け、後味、日本人の好みの構成になっています。そして、1997年11月にその後当店の代表銘菓となる「大麦ダクワーズ」が発売となりました。

ふるさとの大麦だけを使いたいという執念。
最初の頃は、既製品の麦こがしを使っていました。既製品では様々な産地の大麦がブレンドされています。なんとかふるさとの大麦だけを使いたい。当時、苺を通してお付き合いのあった長谷川農場さんが二条大麦を分けてくれました。でも、それを麦こがしにするには精麦し、焙煎して粉砕しなければなりません。だれもやってくれる人がいません。「それなら自分たちでやろう」長谷川農場に朝から晩まで上がりこみ、精米機を借りて、見よう見まね。精麦度は勘だけで(精麦なんて誰もやったことがない)、500キロに挑戦しました。体中、蚊に刺されました。
こんな大麦では作れない!と言われても諦めなかった。
体中、蚊に刺されてようやく精麦した500キロの大麦をトラックに積んで、当時既製品の麦こがしを作っていた業者さんに持って行きました。「これで麦こがしを作ってほしい」「こんな大麦では作れない」「作れなくてもいい。失敗してもいい。全部買い取るのでお願いします!」こんなやりとりをしばらくした後、最後はやってくださいました。そして出来上がった100%足利産の、しかも二条大麦100%の世界初の「麦こがし」。既製品にはないワイルドでドライなお菓子にぴったりのものに仕上がりました。今では年間250トン使用するようにまでなっています。

健康と食育に素晴らしい素材である大麦をもっと広めたい。
大麦は知れば知るほど「健康」と「食文化・食育」にとって素晴らしい素材です。でも戦後ほとんどの家庭から消えつつあります。「地元の大麦を現代風に活かし需要を喚起したい!それが日本の農業と食文化のためになる!」と勝手に使命感をもって、ダクワーズ以来、チョコレート、サブレ、グラスロール、ラスク…と今では30種近くのお菓子・食品を大麦でお作りしています。
日本の食文化を守るために、日本人が健やかな日々を送るために。
私たちの住むふるさとには、古くからの「麦」の文化が脈々といきづいています。大麦は日本一、隣の桐生や館林のうどんの食文化、日清製粉は館林で生まれました。地産地消が叫ばれて久しいですが、もっと地元の産物に敬意を表して、大切に愛情を持って扱う、食す。それが一番からだにも合う、健康にも良い。そして地域経済はもちろんのこと食文化を守ることでもあるのです。
東武伊勢崎線の走るあの大海原のような麦畑の地平線を次の世代へ残していくことが大変微力ですがお菓子屋としての大麦への取り組みであり、地産地消であり、食育であると信じています。
私たちの大麦への情熱が、多方面から高く評価されています。
地元の大麦の栽培から精麦、焙煎、粉砕、お菓子製造、包装まで一貫した製造工程を確立したことや、大麦の味・香りを十分に引き出していることなどが評価され、フロンティア企業、名誉総裁賞、農工商連携88選はじめ、数々の賞を受賞いたしました。

株式会社大麦工房ロア 代表取締役 浅沼誠司プロフィール

1969年 栃木県足利市に生まれる
1994年 早稲田大学卒業後、北海道の六花亭製菓にて修行
1995年 (株)エイ・エム・シー・ロア入社
1997年 大麦ダクワーズ開発
1997年 大麦サブレ・ラスク・チョコレート他大麦菓子多数開発
2001年 大麦げんき他健康食品開発
2004年 大麦食品の通信販売を行うため、
(株)大麦工房創業 代表取締役に就任
第24回全国菓子大博覧会技術優秀賞受賞
栃木県フロンティア企業に選ばれる。
2006年 農林水産省優良ふるさと食品コンクール会受賞受賞
第28回食品産業センター局長賞受賞
2008年 第13回総務省後援ちいき経済賞受賞
第25回全国菓子大博覧会名誉総裁賞受賞
農商工連携88選に選ばれる。
NHK「小さな旅」にて、当社の取り組みが放映される。
佐野市に大麦ダクワーズ専用の工場を建築
2009年 (株)エイ・エム・シー・ロアと(株)大麦工房を合併し、
(株)大麦工房ロア設立 代表取締役に就任
絵本「大麦は地球を救う」を出版 足利市内の小中学校へ寄贈
食品開発の研究を目的に、(株)浅沼食品科学研究所を設立
2010年 大麦ダクワーズがモンドセレクション金賞受賞
東京商工会議所主催「勇気ある経営大賞」特別賞受賞
4400坪の敷地を持つ新本社工場完成
2011年 本社敷地内に工場直売店をオープン
2012年 「栃木の大麦食品を広める会」を設立。
2013年 とちぎ産業活力大賞 最優秀賞を受賞
経済産業省よりおもてなし経営企業選に選ばれる。
2014年 食品業界で最も栄誉ある
第19回安藤百福賞 発明発見奨励賞を受賞
1時間10,000個製造の大麦ダクワーズライン完成
2015年 足利市大月町に新本社ビル完成
足利市多田木町に6,000坪の流通センター完成
2016年 第37回 食品産業優良企業 農林水産大臣賞 受賞
現在に至る
ご利用案内 ご利用ガイド

ご注文は365日24時間受付!メール返信およびお電話による対応は営業日時間内とさせていただきます。

ご注文・お問い合わせはお気軽にどうぞ 0120-37-4458 ※おかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム
お支払い方法について
送料・配送について
割引後3500円以上で送料無料

沖縄県への発送はお買い上げ金額に関わらず1,080円(税込)の送料がかかります。(1箱メール便対象商品の場合は除きます。)

送り先 送料(税込)
栃木県内 540円
北海道 1,080円
東北 756円
関東 540円
北陸 756円
中部 756円
送り先 送料(税込)
関西 756円
中国 756円
四国 756円
九州 756円
沖縄 1,080円
   

時間帯指定の配送が可能

ご購入商品の返品に付いて

不良品・誤納品に限り、速やかに良品と交換いたします。 納品日より7日以内にご連絡の上、着払い返品願います。ただし、お客様の都合による交換・返品はお受けできませんのであらかじめご了承ください。

大麦工房ロアの定休日について

このページの先頭へ